テイクバック不要論【理論編】: 50年以上語られてこなかったプロ野球界の秘密(【テイクバック不要論/理論編】~50年以上語られてこなかったプロ野球の秘密~.pdf)

¥ 250

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(932447 バイト)

野球界では、「テイクバックをとれ」、「ヒッチをとれ」、「バックスイングをとれ」と言われ続けてきたことが実は嘘だった。

「テイクバック」はとらない方が強い打球を実現し、打球の飛距離は出るし、ボールを的確に捉えることができるという事実が判明しました。

しかも、実はプロ野球の中では50年以上も前から実証されてきたバッティング技術です。世界のホームラン王として有名な「王貞治」氏は「テイクバック」をとらないために、「一本足打法」を取り入れました。

三振王として有名だった「王貞治」氏を育てたことで有名な「荒川博」氏からの裏付け証言もあります。

さらに、西武ライオンズの「おかわりくん」として有名な「中村剛也」選手を初めとした一流の好打者はこぞって「テイクバック」をとっていません。メジャーリーガーも大半が「テイクバック」をとりません。

そして極めつけは、「好調だった選手が不調になった」時には、「テイクバックをとるようになってしまったから」という事実さえあります。

ここまでの事実がある中で、どんな誤解が生まれてしまったのか、「テイクバックをたくさんとる」ことを推進してきた野球の常識が覆る、これからの野球の常識となるバッティング技術論がまとめられた一冊です。

「テイクバックをとる」ことが不要であるのは何故なのか、「テイクバックとらない」ことでどのような効果が得られるのか、野球人生は一度きり、できる限り早く「テイクバック」が不要であるバッティング技術論を学んで頂きたいです。

野球プレイヤーである本人は勿論の事、指導者から親御様まで、これから変化していく野球理論を、ぜひご一読ください。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する